日中IT産業連盟はIT産業界の支援のために設立された専門団体で、日中両国間のIT企業が緊密な関係を構築できるように事業を展開しています。両国IT企業の健全な発展を願い相互理解と交流を一層促進するために、より多くの日中IT関連企業にご参加いただき、国際IT社会へ貢献していく所存ですので、皆様のご支援とご協力を宜しくお願い致します。

連盟の活性化、企業の発展、社会への貢献を考慮し、連盟の事業活動は以下6つの専門委員会にて展開致します。

  • 日中交流委員会

    日中両国IT機構などの相互訪問・市場視察・ビジネス交流・優遇政策宣伝などの支援を行います。

  • 新領域新技術委員会

    人口知能、IoT、ブロックチェーン、ビッグデータなど関連新領域と新技術についてシンポジウム、講演会、セミナーなどの催しを行います。

  • 産学研委員会

    中国の教育機関と連携して日本IT市場に必要な高度IT人材を育成し、IT企業の人材不足の解消に寄与します。有用な製品を送り出すための共同開発を促進させ、共同で市場開拓などの活動を行います。

  • M&A委員会

    IT関連企業の投資、売買、資金共済、資源共有及び法律支援などを行います。

  • 会社相互交流委員会

    会員企業間の公正取引、親善活動、経営経験などの交流を行います。

  • 統括委員会

    各種活動、イベント、事業などの計画、準備、調整、報告を行い、また。日中IT産業にかかる事業のうち連盟が適当と認めたものを実施、支援します。